大阪デザイナー専門学校|あなたが専門的に学びたいものが見つかる!マンガ/コミックイラスト/アニメ/ゲーム/フィギュア/グラフィックデザイン/イラスト/インテリア/プロダクト/ファッション/特殊メイク

業界で活躍するセンパイたち

各学科の卒業生はコチラ

  • COMの他の卒業生
  • CIの他の卒業生
  • CGの他の卒業生
  • ANの他の卒業生
  • GDの他の卒業生
  • ILLの他の卒業生
  • INTの他の卒業生
  • INCの他の卒業生
  • PDの他の卒業生
  • FDの他の卒業生
  • SMAの他の卒業生

マンガ学科

子供の時からマンガばかり描いていたので、自然と「マンガ家」を目指すようになりました。とにかく連載作家になることが目標だったので、連載が決まった時は、とても嬉しかったですね。ODCでは、先生や友達に囲まれて、毎日が楽しかったです。学生時代には、友達とたくさん遊ぶ事が大事です!そうやって、いろんな事を体験して、視野を広げて、センスを磨いてください!あとアイデアは溜め込まずに、作品をたくさん描いて、たくさんの人に見てもらうことがとても大切だと思います。

東ジュンさん
  • 公式HP
  • COMの他の卒業生

コミックイラスト学科

「灼眼のシャナ」「涼宮ハルヒ」シリーズの文庫挿し絵や、アニメ「Another」キャラクターデザイン、その他CDジャケットデザイン、ゲームのキャラクターデザインなど、いろいろしています。2009年に、大阪・日本橋の活性化を目的とした「日本橋プロジェクト」のキャラクター「音々ちゃん」「光ちゃん」のデザインもやりました。今は、自分の好きなことを仕事にできているので、大変なことも多々ありますが、素晴らしい作品に出会い、自らもその一員として作っていけることに感謝しています。そして、そういった作品が自分たちの手から離れて他人の楽しみに変わるのだと思う瞬間が今の業界で仕事をしていて一番嬉しいですね。


今後は、面白そうなことには何でも首を突っ込んでいきたいと思っています。楽しくて、やりがいのある仕事に巡り会えたらいいなと思っています。それに、私は「自分を取り巻く環境全てが糧となる」と思っています。どうやって暮らして育って来たか、これからどういう行動をするのかで、その人の作る作品は誰とも違うものになると思っています。だから、これから学生になるみなさんには、まずは好きなことを追求してこだわってほしい。そうしているうちに、モノをつくることに楽しみや喜びを感じられるようになると思います。

いとういのじさん

グラフィッカーとして勉強し、1999年に「Be-reave」で原画家としてデビュー。自身の手掛けたゲームソフト「ななついろ★ドロップス」が2006年に発売、翌2007年にテレビアニメ化される。ライトノベル「灼眼のシャナ」「涼宮ハルヒシリーズ」などの挿絵で知られ、「このライトノベルがすごい!2008」で女性イラストレーター部門ランキングで1位となるなど人気を博している。2009年に発表された、大阪「日本橋プロジェクト」のキャラクターデザインが話題になった。

  • 公式HP
  • CIの他の卒業生

コミックイラスト学科

小さい頃から絵を描くことが大好きで、その趣味を少しでも活かせるお仕事に就くことが夢でした。じつは、ODCに入学するまで、パソコンは触れたこともなく、最初はちんぷんかんぷんでしたが、放課後も作業したり、先生がアドバイスをしてくれたおかげで、少しずつですが慣れていきました。ギャラリーやデザイン会社とのつながりを作ってくれたのもODC。講演会やセンパイとのつながりで人脈が拡がるのはすごく良かったと実感しています。コミックイラストコースでは、自分の作った作品集に先生が客観的にアドバイスをくれたり、夢を叶える上で必要なことをたくさんサポートしてくれます!みなさんも夢を追いかけて、ぜひ頑張ってください!

mrkさん
  • 公式HP
  • CIの他の卒業生

CG・ゲームデザイン学科

キャラクターデザインだけ、コンピューターグラフィックスだけとただ一生懸命こなしていくだけでは、言われたことしかできない人間になります。だから、ひとつに集中せずに色々なことに興味を持ってほしい。嫌なことをする必要はないです。ゲームをする、マンガを読む、映画を観る、ドラマを観るなど、おもしろいと思うことなら何でもいいです。専攻の授業と直接関係ないことも吸収する。例えば、自分がホラー映画好きなら、ただ楽しかったで終わるのではなく、クリエイターになるために色々な知識を吸収してやるぜ!という意識をもって観ることが大切です。使い捨てではなく自分の中に残していくような意識でやっていけば、いい学生生活が過ごせると思います。ただし、一番大切なのは、学校の課題を絶対にこなすこと。今は大変でも、いつかきっとプロになったキミを助けてくれるはずです。業界でみなさんに会えるのを楽しみにしてます。

稲船敬二さん

大阪府岸和田市出身。世界が注目するゲームクリエイター。ODC卒業後、1987年に株式会社カプコンに入社。「ロックマン」のキャラクターデザイン、プロデュースをはじめ、「バイオハザード2」「鬼武者」「ロスト プラネット」「デッドライジング」など大ヒットゲームを世に送り出した。2010年に独立して株式会社comceptを設立、ゲームをはじめ様々なコンテンツ制作を手掛けたほか、「稲船塾」の主宰や学校講演など後進の教育にも力を注ぐ。その後、2017年6月に数々の大ヒットコンテンツを擁する株式会社レベルファイブの企画開発スタジオとして発足した株式会社LEVEL5 comceptへ参画、完全新作となる『ドラゴン&コロニーズ』を発表し、2018年のリリースに向けその制作をリードしている。

  • 公式HP
  • CIの他の卒業生

CG・ゲームデザイン学科

レッドブル・エアレースのPV、「ミス・モノクローム -The Animation- 2/3」の制作に関わり、撮影監督のお仕事を担当しました。じつは、ODC入学前は別の職業を目指していたのですが「一度の人生なら挑戦もせずに諦めるのは嫌だ」と思い進学を決めました。いつかは、「あのシーンが良かった」と何十年経っても思ってもらえる、見た人の記憶に鮮明に残るカットをつくれるようになりたいですね。学生の2年間はあっという間です。どうするかは自分次第、1日1日を大切にして頑張ってください。

東西佑子さん

「ブブキ・ブランキ」でメインキャラモデリングを担当し、「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ‐アルス・ノヴァ‐DC」や「アルスラーン戦記」にも参加しています。ODCで初めて触れた3DCGの世界ですが、自分の思い描いたものがカタチになり自在に動くという仕事に今ではとても楽しさを感じています。これからODCに入学する皆さんも、何をしたいのか、どうなりたいのかを明確にして、学生である時間を有効に使って夢をかなえてください!そして、自分のテレビアニメの仕事を、両親や地元の友人に見てもらえた時の感動をぜひ、味わってほしいですね。

高橋容子さん
  • 公式HP
  • CGの他の卒業生

アニメーション学科

ODCを目指すみんなには、「大いに遊びなさい」と言いたい。ヒトでも、モノでもいい、いろんなコトに興味をもってほしい。自分の可能性を広げるために、好奇心旺盛に過ごして、とにかく何でも試してみてほしいですね。

森本晃司さん

1959年和歌山県生まれ。1980年大阪デザイナー学院卒業。『ロボットカーニバル』の1エピソード『フランケンの歯車』で監督デビュー。大友克洋作品『AKIRA』で設定・作画監督補になる。同年、映像制作集団『STUDIO4℃』創設メンバーとして活動を開始。大友克洋原作の劇場作品『MEMORIES–彼女の想いで– MAGNETIC ROSE』の監督を務め、アニメーション監督としての地位を築き、あらゆる表現方法を駆使した唯一無二の作品を次々と生み出している。フランス政府の禁煙広告キャンペーンによるインタラクティブWEB広告『Attraction/魅力』は、2011年カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(旧・カンヌ国際広告祭)で銀賞を受賞。

  • 公式HP
  • ANの他の卒業生

アニメーション学科

アニメの制作には、絵を描く・動かす以外の技術や知識も必要となります。そういった意味でODCは、高校まで自分自身では触れることのなかったジャンルの勉強も多く、色々な視野を持つことができるようになったと思います。あと、古いアニメや、他の国のアニメを見る機会も多かったのは、とても良い刺激になりました。そういった絵を描くこと以外の、色々な経験をしておくことは社会に出てからの財産です。ぜひ学生時代は、時間の使い方をしっかり考えて、有意義なものにしてほしいですね。アニメーションの業界は色々大変と聞くかもしれませんが、夢があり、やりがいのある仕事であることは確かです。この学校は、みなさんにとって未知の世界である業界とつながりが深く、卒業生やプロの「生の声」を聞ける機会がたくさんあります。色々な刺激を受けて、夢に向かってがんばってください。

坂本一也さん
  • 公式HP
  • ANの他の卒業生

グラフィックデザイン学科

山口県の小さな島で海と山に囲まれて育った私は、常に自然に心を寄せてきたのですが、自信を持ってその思いをデザインで表現できるようになったのは、30歳くらいから。「海の魚は、森に育てられる」という新聞広告と、実家の水産会社のレターヘッドが同時期に賞を頂いたのですが、自分の好きな事をテーマにデザインしたものが世の中に認められたことが、かなりの自信になりましたし、自分のデザインスタイルの確立にもなりましたね。デザインはコミュニケーションです。伝えたいメッセージが、きちんと伝わることが大切で、私は「小学生でもわかる、でも世界に通用するデザイン」という考えを常に心がけています。皆さんもそのことを忘れずに、チャンスを信じてとにかく作品を創り、色々なことにチャレンジし続けてほしいです。向上心を持ちチャレンジし続けていれば、必ず認めてくれる人に出会います。その出会いを大切にすれば、夢は実現することができますので、大切なのは続けることだと思います。

新村則人さん

1960年山口県生まれ。1980年大阪デザイナー学院卒業。松永真デザイン事務所、I&S/BBDOを経て、95年新村デザイン事務所設立。主な仕事に、資生堂の化粧品『ZEN』『エリクシール』『ディシラ』や良品計画『無印良品キャンプ場』、日本マクドナルド、エスエス製薬、角川書店など。毎日広告デザイン賞最高賞、環境広告賞大賞、JAGDA新人賞、NY ADC銀賞、ブルノグラフィックデザイン国際ビエンナーレ金賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ銀賞、ラハティポスタービエンナーレ特別賞、東京ADC賞など受賞。

  • 公式HP
  • GDの他の卒業生

グラフィックデザイン学科

もともとものを作ったり、何かを表現したりすることが好きだった私。制作中はもちろん辛いこともありますが、大好きなことを仕事にできて、本当に幸せだと思っています。特に、いいアイデアを思いついたり、完成した制作物が店頭にならんだり、反響があったときなどは、本当にうれしいですね。グラフィックの素晴らしいところは、仕事を通してさまざまなジャンルと関わることができて、たくさんの刺激が受けられる点。これからもいろんな人を巻き込んだり、時には巻き込まれたりもしながら、「楽しむ」ことをモットーとして、活躍の幅をさらに広げていきたいと考えています。

カイシトモヤさん

1975年生まれ。広告プロダクションを経て2004年独立、2007年より法人化。CD/DVDジャケット、シンボル/ロゴ、装丁、エディトリアル、広告、商品開発など、グラフィックデザインを軸に、様々なコミュニケーションの形を開拓中。香港国際ポスタートリエンナーレ金賞、銀賞、銅賞、APAアワード金丸重嶺賞、Tokyo ADC、Graphic Design in Japan、Tokyo TDC入選、ワルシャワ、中国、モスクワ、ラハティの国際ポスタービエンナーレ入選など。JAGDA会員。

  • 公式HP
  • GDの他の卒業生

グラフィックデザイン学科

小さい時から、絵(落書き)や漫画を描くのが好きで、漠然と「ここなら絵を描く仕事ができそう」ということで大阪デザイナー専門学校のグラフィックデザイン科に入学しました。当初はグラフィックデザインというものがどういうものか分からず、「自分の好きなものだけ描いていればいい」「かっこいいと思うものを作れば良い」と思っていました。行為としては変わらないのかもしれませんが、自分ひとりではグラフィックデザインは完結しません。誰に何をどう伝え、どう届けるか、どう感じてもらうかを考え、形にすることがグラフィックデザイナーの仕事です。学生時代に考えたこと、感じたことが以後の仕事につながっていきます。一日一日を大切に過ごして、誰かに必要とされるデザイナーになってください。

川本拓三さん

奈良県出身。大阪のデザイン事務所を経て、現在ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(SMC)に所属。ソニーミュージックのデザイナーとして様々なアーティストの音楽ジャケット、ミュージックビデオのアートディレクションやデザインを手がける。

  • 公式HP
  • GDの他の卒業生

グラフィックデザイン学科

ODCを卒業後、上京。kazepro株式会社に入社。テレビコマーシャル、グラフィック、ウェブ、広告企画制作や企業のブランディング、アーティストのプロデュースなどあらゆるクリエイティブに触れ、忙しくも濃い日々を過ごしています。そんな毎日を送るうえで大切にしていることは「楽しむこと」です。せっかく普通の人とは少し違った道に進んだのだから、自分しかできない事をしたいし、飛び抜けたい。じゃないと生きてる甲斐がありません。そんなことを考えると無限にやりたいことがでてきて細胞レベルから楽しい気分になります。そして毎日が人生の岐路です。今日より若い明日はありません。デザイナーを目指す人もそうでない人も今は楽しいことだけやってください。全ての事を楽しい事にパラダイムシフトしてください。ボクはそれでいいと思います。そして大好きな人をたくさん増やしてください。ODCで学んだ2年間でたくさん大好きな人たちができました。そしてその人達の為に何かしたいと思うようになります。「人を楽にするのが働くことだ」と、ボクの大好きな人の1人、青山直学校長大先生のお言葉が思い出されます。誰かの為に何かをする。それが「楽しむこと」の原点だとボクも思います。そして世の中の神髄だと思います。つまりつまり!業界デビューは楽しいことデビューですね!!

中島友太さん
  • 公式HP
  • GDの他の卒業生

イラストレーション学科

特長を大げさに表現したユニークな似顔絵「カリカチュア」を専門店で描きながら、関西にある4つの店舗のエリアマネージャーをしています。業界で活躍しようと思うなら、自分の作品を見てもらい、がんばったことをちゃんとアピールすることが大切。それは社会に出ても、もちろん学校の中でも。ただ、がんばっているだけの人って評価がそんなに上がらないんです。ぼくも今の会社の社長に作品を見せて、この仕事につくことができましたから。しっかりアピールしていきましょう。

宮本康助さん
  • 公式HP
  • ILLの他の卒業生

イラストレーション学科

鮮やかさ・キラキラ・泡と共に女の子が様々な感情を表すことにこだわり、見た人が共感し感情を共有できる絵をぶれることなく追いかけています。ただ上手な絵ではなく、個性を出していくことが大事だと思います。学生時代は先生や、多くの人に見てもらい感想を頂いて、それを糧に描き続けていました。壁にあたったときこそ頂いたアドバイスを参考にし、できるだけ多くの絵を見て吸収するよう心がけました。

巽千沙都さん
  • 公式HP
  • ILLの他の卒業生

インテリアデザイン学科

現在は、店舗のデザインを中心に活動しております。イラストレーターの方々やアーティストの方々と手を組み、本来のインテリアデザインとは少し異なった提案をしてみたり。商業施設の再開発プロジェクトでは、地元の子供達が育てた植物を壁面緑化に使うといったソフト的な部分の提案もしました。職種の異なる人達と共に構想を考え、新しいモノを作るというプロセスと、未知の分野にチャレンジする事のワクワク感を楽しんでいます。若いうちに経験を積もうと、2011年に独立。全てが自分の責任になるので大変な事も多いですが新たなチャレンジができ、やりがいは大きいですね。

前田翼さん

TRIBECA代表/インテリアデザイン学科/2004年3月卒/体験入学で「デザインとは何か」をわかりやすく説明されたことが印象的でODCへ。卒業後、大阪の施工会社で商業スペースの現場監督として経験を積んだ後、単身でヨーロッパを巡る。帰国後、この時、描いたスケッチが内定の決め手になり、西脇一郎デザイン事務所に入社。「毎日描き、デザインが好きなことをアピールしました」。ブティック、スーパーブランドショップ、雑貨店、化粧品店、飲食店などのデザインや海外プロジェクト、コンセプトワークまでを担当。 2011年、独立してTRIBECAを設立。2014年からニューヨークで活動した後、2017年に帰国。インテリア以外の分野へも活動の幅を広げている。

  • INTの他の卒業生

インテリアコーディネート学科

ODCを卒業後、地元の愛媛県にて起業。インテリアなどのプロダクトからグラフィック、音楽、ウェブ、仕掛けづくりまで、あらゆるモノやコトをデザインしています。心掛けているのは「デザインのためのデザインはしない」ということ。大切なのはカッコよさだけではありません。例えばおいしい料理は、もっとおいしく見える。スピーディーな競技なら、さらに躍動感が感じられるように。そうした「見る者の心を動かす表現」を追求しており、ODCで学んだ知識や技術、とくに空間デザインの授業で学んだスケール感覚や空気を捉える視点が役立っています。講師には有名な建築プロジェクトに携わった人、キャラクター性に富んだ方が多く、緻密な設計や独自の視点から大いに刺激を受けました。在学中の学びや体験を活かして、今後ますます新たな分野のデザインにチャレンジしていきたいですね。

二宮敏さん
  • 公式HP
  • ILLの他の卒業生

プロダクトデザイン学科

2012年、あるデザイン会社から独立・起業した私は現在、ステーショナリーや日用品、家具、家電、IoTなどのプロダクトデザインに取り組んでいます。「使いやすさ」や「佇まい」にこだわった作品づくりを追求した結果、私の手掛けたミニボトルがグッドデザイン賞を受賞。また鋳物の街「富山県高岡市」の企業「タカタレムノス」で制作した、素材に鋳物を用いた掛け時計※1が話題を集め、デザインによる地域活性化としても注目を浴びています。いずれの作品もODC時代に身につけた“探求し続ける姿勢”が原動力。素材集めから試作品づくりまで、力強くサポートしてくれた先生方に感謝しています。

小池和也さん

2003年~2012年イデア株式会社に勤務。チーフデザイナーとして自社ブランド「ideaco」のデザイン・商品開発および顧問クライアントの商品企画・プロダクトデザインに携わる。2012年Doogdesign.設立。国内外の企業のプロジェクトに携わり、生活雑貨、インテリア雑貨、ステーショナリー、家電など身の回りの製品全てのプランニング、プロダクトデザイン、ディレクションを行う。2013年作り手からユーザーまで想いをつなぐ活動体「PROJECT BATON」に参加。デザインは経営と密接に結びついていると考え、ものづくり、販売、生活者の現場を常に考えながらデザイン活動に取り組んでいます。

  • 公式HP
  • PDの他の卒業生

プロダクトデザイン学科

作品をつくる際、素材を最大限生かすことを心がけています。扱う素材で自分が表現したいことを形にする、この作業がとても好きで、それを見た人に共感してもらえたとき、続けてきてよかったなあと思います。

淺津瞳さん
  • 公式HP
  • PDの他の卒業生

ファッションデザイン学科

オリジナルブランド「Coatl」のデザインや運営、タレント・アイドル等の衣装デザイン、他ブランドのデザイン、専門学校講師など活動は多岐に渡ります。この業界を目指した最初の頃は、ただ楽しそうという感覚だけで夢や目標など何もなくODCに飛び込みました。いざデザインや技術を学び作品づくりをはじめると、思ったようにはうまくいかず、業界で活躍し尊敬される人たちがいかにスゴイか、自分との途方も無い距離を感じました。今では、その距離を埋めることが自分の目標となり、追いつき追い越すことを意識している事が、この業界で作品を創り続ける大切なモチベーションになっています。これからですが、自分のブランドをより大きくして国外への進出を目指しています。また、自分の中にある「まだ形のない何か」をデザインする服に具現化し、多くの作品を世界に放てたらと考えています。こういった新しい事を始める時は、プロになった後もODCの先生にいろいろ相談してきました。先生の言葉が、何かを始める時の後押しになることは多いですね。これから入学される方も先生を信頼し、思いっきり学んで、遊んでください。自分のやりたい事が見つかれば、あとは突き進むだけ!山あり谷ありでも楽しい事ばかりです。それまでは自分としっかり向き合って、貴重な時間を思う存分使って生きる事が一番大切な事だと思います。

ミナミノアキヒロさん
  • 公式HP
  • FDの他の卒業生

ファッションデザイン学科

民芸ファッションやアクセサリーの企画・制作を行う会社で装身(帽子や靴などのファッション雑貨)の企画デザインを担当しています。ODCでは、服飾について学びましたが、ファッションの中でも帽子やバッグといった雑貨が好きだったことと、知識・経験を深く得られると思い、少し違う分野への就職を選びました。今は、ネパールへ出張に行かせていただいたり、展示会の準備や、次のシーズンの企画にと忙しくも楽しい毎日です。ODCは、いろんな学科があるので、広い分野で友達ができるのがとても良かったですね。知らない視点の話は楽しいですし、とても刺激になりますよ。

奥原翔子さん
  • 公式HP
  • PDの他の卒業生

特殊メイク学科

基本的には何でもやりますが主に彫刻、ペイント作業をしています。映画の仕事も多いですね。仕事内容が毎回違うものばかりなのでやっていて飽きないです。それに、この業界の技術・知識があれば形にできないものは、ほとんど無いので、プライベートでもバイクの外装などいろいろ作ったり、塗装したりしています。学生時代はデッサンがあまり好きじゃなかったんですが、今は「観察力」や「デッサン力」の重要性・必要性を実感していますね。今後は個展を開いたり、海外で活躍している知り合いのアーティストの方達に認めてもらうのが目標です。この業界に限らず技術職の世界は、向上心がとても大切です。先のことを悩んでいるより、まず目の前にあることをひとつずつ楽しんで、学んで行くことが未来に繋がりますし、チャンスも訪れますよ。まずは自分が好きなことや、熱中できることを探してみることが第一のステップだと思いますね。

浮田剛氏さん
  • 公式HP
  • FDの他の卒業生

各学科の卒業生はコチラ

  • COMの他の卒業生
  • CIの他の卒業生
  • CGの他の卒業生
  • ANの他の卒業生
  • GDの他の卒業生
  • ILLの他の卒業生
  • INTの他の卒業生
  • INCの他の卒業生
  • PDの他の卒業生
  • FDの他の卒業生
  • SMAの他の卒業生
実際に学科を体験しよう!