MENUCLOSE
 
 

スキルの向上や知識を広げるのは自ずと身につくので、友達や先生と過ごす時間を大切に楽しみましょう。

インテリアデザイン学科 / インテリアコーディネート学科

大阪デザイナー・アカデミー|イラスト・アート・コミックイラスト・マンガ・アニメ・CG・ゲーム・
グラフィック・フィギュア・特殊メイク・インテリア・プロダクト・フィギュア・ファッション・アクセサリーの専門学校

株式会社スペース

Tさん

2024年卒業

本校を選んだ理由を教えてください。

大阪でインテリアが学べる専門学校を探し、大阪デザイナー・アカデミーのAOプレスクールに参加しました。その際に先生方が親身に進路の相談にのっていただいたのが印象的で、この学校に入学を決めました。

AOプレスクールや授業で頑張ったことや、就職・デビュー活動に役立った本校のサポートを教えてください。

  • 問題意識を持って課題に向き合えたこと。
  • 課題に対して最後まで妥協せずに向き合ったこと。
  • 業界EXPOでインテリア界隈の知見を広げることができたこと。

社会で活躍する人材になる上で、本校でのどんな学びが活きてきそうですか?

実際に業界で活躍している先生方から学ぶことで、より深い知識や新しい視点を得られました。そういった専門性の高い学びが、実際に社会に出るときに自身や好奇心につながるのだと思います。

印象に残っている授業内容はなんですか?

ショップのデザイン設計の授業内で、梅田のグランフロントや本町まで足を運び、実際に様々なショールームを見学したことです。物の配置や照明の種類など、参考になりました。

今、目標としていることはどんな人や事柄ですか?

ちゃんと話を聞いてちゃんと話せる人間になること。基本的なことですが、すべての始まりでもあるので、対話の重要性をもっと意識したいと思っています。

いつからこの業界を目指していましたか?

実はぼんやりと頭の片隅にあった程度で、インテリアデザインを仕事にしたい!としっかりとビジョンを持ったのは、実際に入学して半年ほど経ってからでした。
特にショップの空間づくりはスピーディーに進行されます。僕はどちらかと言うといろんな作品に触れて様々な刺激を受けたかったので、住宅ではなく店舗づくりの一員になりたいと思うようになりました。

住宅デザインよりもショップデザインを選んだ理由は?

入学後、最初のうちは住宅デザインを学んでいました。でも、目的を持った方とコミュニケーションを取りながら議論を重ね、一緒により良い空間づくりを目指せるスタイルの方が僕は好きでした。
また、住宅デザインは完成までもっていけるのが特色上1年に数件ほどですが、商空間はより短いスパンで制作が進みます。いろんなコンセプトを知ってたくさん刺激を受けたいので、ショップデザインコースを選びました。

在学中一番の思い出はなんですか?

長い時間をかけて自分の作品が完成したときの達成感です。一つの作品制作に対してたくさんの時間を要するので、やっぱり出来上がった瞬間は気持ちがいいです。

勉強以外でやっていて良かったことは何かありますか?

様々なコンテンツに対して敏感になっておくことです。就活や学校での勉強といった短期的な視点でなく、これから先も続く人生を豊かにしてくれそうなものへの興味関心をなくさないことが、自分の軸を持つことにもなるのだと考えています。

業界を目指して進学を検討している方へのメッセージをお願いします。

学校で学ぶ一番のメリットは、いろんな人との出会いだと思います。スキルの向上や知識を広げるのは自ずと身につくので、友達や先生と過ごす時間を大切に楽しめば、すばらしい学校生活になると思います。

arrow

おでかけひよこ おでかけひよこ まずはオープンキャンパス来てや〜