21世紀アカデメイアの想い

我々が卒業生に願うのは、
激動の時代を超え、活躍する人材になること

これから加速していく「第四次産業革命」、「人工知能革命」による市場、産業、社会の変化は、
人材に求められる能力を、根本から変えていきます。
その結果、これまでの「偏差値教育」で優秀と言われてきた人材も、
AIに仕事を奪われることになります。
この変革の嵐の中で、単に「知識」を教え、「学士」の資格を与えるだけの「大学」は、
その存在意義を問われることになります。

一方で、それぞれの専門分野で、しっかりとしたスキルを身につけることのできる「専門学校」は、
これからの時代に新たな注目を集めるでしょう。
しかし、実社会で真に活躍するためには、専門分野の「エキスパート・スキル」だけでなく、
同時に、「5つのプロフェッショナル力」を身につけることが求められます。

こうした人材を育成するために、「21世紀アカデメイア」は、2023年4月に、
富士河口湖畔に「ファイブ・スター・プロフェッショナル研究所
(Institute for Five Stars Professional、略称IFIS[アイフィス])」を設立しました。
この研究所では、学生が「5つのプロフェッショナル力」を身につけるための、
様々なカリキュラムの開発と普及を進めていきます。
我々が卒業生に願うのは、ただ、希望する企業や業界に「就職」できることではありません。
その就職した企業や業界で、「活躍」する人材になることです。
そして、そのことを通じて、卒業生の誰もが、素晴らしい人生を拓くことを願っています。
その願いを込め、我々は、「21世紀アカデメイア」への進化の道を選びました。
我々がめざすのは、「大学も専門学校も超える新たな学びの場」の創造です。

21世紀アカデメイア 学長
田坂 広志

田坂 広志

 
東京大学卒業。同大学院修了。工学博士。多摩大学大学院名誉教授。 2023年4月、21世紀アカデメイア学長就任。
世界最大のシンクタンクを経て日本総合研究所を設立。
様々な新事業開発を手掛けるとともに、大手企業3社にて 経営トップの戦略参謀を務める。
さらに、内閣総理大臣の政策顧問である内閣官房参与や 世界経済フォーラム(ダボス会議)の専門委員を務めるなど、 国際的に活躍する傍ら、8,000名の経営者が集まる田坂塾を 開塾し、永年、数多くのプロフェッショナルの育成に従事。
著書は『知性を磨く』『人間を磨く』『能力を磨く』『成長の技法』 『田坂広志 人類の未来を語る』など国内外で100冊余。

校長メッセージ

AI革命の嵐が来ました。
デザインの世界でも、既にワークフロー(仕事の手順)の変化が始まっています。

これまでも我々は『デザインを教えるのではなく、デザイナーを育てる学校』を標榜し実践教育を行ってきましたが、これからは更にデザイン教育機関として、2つの進化を遂げます。

1) AI革命により変化する、デザイン・ワークフロー研究機関として、の進化。
1958年「大阪デザイン研究所」として生まれた遺伝子が持っている使命です。

2) AI時代に活躍できる、絶対的な能力を獲得できる教育機関として、の進化。
2024年「21世紀アカデメイア」として新生したネットワークがそれを可能にします。

様々なボーダー(境界)が崩壊する今は、若いデザイナーにとって絶好のチャンスです。

好きなことを仕事にするのは、好きなことを永久にやりたいから。
そこに心の底から共感し、共に学び続ける我々は、
この嵐を追い風にし、共に生きるために進化します。

好きなこと、永久やろうぜ。

大阪デザイナー・アカデミー 学校長
長尾 大樹

長尾 大樹
PAGE TOP