MENUCLOSE
 
 

チームで映像を作り出していく楽しさを実感できたのが印象に残っています。

アニメーション学科

大阪デザイナー・アカデミー|イラスト・アート・コミックイラスト・マンガ・アニメ・CG・ゲーム・
グラフィック・フィギュア・特殊メイク・インテリア・プロダクト・フィギュア・ファッション・アクセサリーの専門学校

株式会社スタジオサインポスト

Kさん

2024年卒業

本校を選んだ理由を教えてください。

職業実践校のため実際に企業の方から依頼を受け、企画・制作をすることができ、より業界の仕組みを知ることが可能だと思ったからです。

AOプレスクールや授業で頑張ったことや、就職・デビュー活動に役立った本校のサポートを教えてください。

  • AOプレスクールや授業では、PCを使うことが苦手でも1から教えていただけて、1・2年の個人制作で大体の作業を一人で行えるようになるまで成長することができます。
  • 1年次の学校イベントの業界EXPOでは、自分が目指す業界の企業様から就職活動情報をいただけたり、ポートフォリオの添削までしていただけるため、就職活動に大変役に立ちました。
  • 就職活動では、キャリアセンターを利用し、担当の先生に履歴書の添削・面接練習・自己分析の手助けまでしていただけるため、大変役に立ちました。

社会で活躍する人材になる上で、本校でのどんな学びが活きてきそうですか?

実際に企業様の方から依頼を受け、自分達で企画から制作までを経験できたことが、今後活きていきそうだと思いました。企画から制作まで自分達で考え・行動していくことを学生のうちから経験できるのは、大きかったなと思いました。

印象に残っている授業内容はなんですか?

チーム制作の授業が最も印象に残っています。
アニメーション学科ですが、映像の技術を勉強するため実写映像を制作していきました。自分達で、監督・撮影・出演者など役割を決め、監督だけではなくチーム全員のアイデアをもとに制作していくことができました。
1からチームで映像を作り出していく楽しさをより実感できたので印象に残っています。

今、目標としていることはどんな人や事柄ですか?

ディレクションまでできる演出家を目指しているので、マンガ・実写映像・アニメ・映画などの情報を見聞きし、インプットすることを目標としています。

いつからこの業界を目指していましたか?

私がアニメ業界を目指すようになったのは高校2年生頃です。中学を卒業する頃まではほとんどアニメを見ていないような私でした。真剣に将来について考えるようになり、映像が好きだった私は、「好きなことを仕事にしたい」と思い、アニメ業界を目指すようになりました。

業界を目指して進学を検討している方へのメッセージをお願いします。

「好きなことを仕事にできる人は少ない」と言われてしまうこともあるかもしれません。でも、本当に難しいのは好きなことを長く続けていく努力だと思います。
仕事に就いた後も楽しく継続できるように、大阪デザイナー・アカデミーでクリエイトしていく楽しさを学んでみてください!

arrow

おでかけひよこ おでかけひよこ まずはオープンキャンパス来てや〜