MENUCLOSE
 
 

幼少期から好きな特撮の造形の世界へ!

特殊メイク学科

大阪デザイナー・アカデミー|イラスト・アート・コミックイラスト・マンガ・アニメ・CG・ゲーム・
グラフィック・フィギュア・特殊メイク・インテリア・プロダクト・フィギュア・ファッション・アクセサリーの専門学校

造形工房・伝

Fさん

2024年卒業

本校を選んだ理由を教えてください。

最初は東京にしか特殊造形の学校がないと思っていました。でも調べていくうちに大阪にもあると知って、通いやすい大阪デザイナー・アカデミーへの入学を決めました。

AOプレスクールや授業で頑張ったことや、就職・デビュー活動に役立った本校のサポートを教えてください。

  • 授業でリアルな塗装の色味の調整を頑張りました。
  • 先生に就職の相談をした際に、親身に相談にのってくれたのがとても助かりました。

社会で活躍する人材になる上で、本校でのどんな学びが活きてきそうですか?

授業でグループワークをした際の話し合いが活きています。自分の意見を持つことはとても大事で、複数人で一つの目的を持って作るシーンでは、そうした各自の意見があってこそなのだと実感しました。
みんなで悩みながら作業した時間は楽ではなくても非常に楽しく、最も印象深い授業でした。

今、目標としていることはどんな人や事柄ですか?

造形作家の河津一守さんです。AOプレスクールなどでゲストとしてお話が聞ける機会がありました。
細部までこだわった造形の美しさはもちろん、着る人に負担をかけない特撮衣装の機能性が素晴らしく、とても尊敬しています。

いつからこの業界を目指していましたか?

小さい頃から特撮が好きで、小学生の時には段ボールでロボットやヒーローマスクを作ったりしていました。
そこから大きくなるに連れて「大好きなものづくりで仕事ができたらな」と思うようになり、特殊造形の道を決意しました!

在学中一番の思い出はなんですか?

1年次の特殊メイクのイベントで、『ばってんジャー』というレンジャーものの衣装を着て参加したのがとても楽しかったです。

勉強以外でやっていて良かったことは何かありますか?

造形は意外と体力勝負!特に大きな作品をつくるのは結構骨が折れます。
知識と技術を身につけるのはもちろんのこと、体力をつけておいて良かったと感じる機会が多々ありました。

業界を目指して進学を検討している方へのメッセージをお願いします。

造形は一人きりで作業をすることが多いと思われがちです。しかし、いざ就職して社会へ飛び出したら、いろんな人と話し合いながら作業に取り掛かります。
自分の意見を持って、緻密にコミュニケーションを取りながら素敵なものづくりを生み出していってください!

作品一覧

arrow

おでかけひよこ おでかけひよこ まずはオープンキャンパス来てや〜