大阪デザイナー専門学校|あなたが専門的に学びたいものが見つかる!マンガ/コミックイラスト/アニメ/ゲーム/フィギュア/グラフィックデザイン/イラスト/インテリア/プロダクト/ファッション/特殊メイク

トップページ > お知らせ > アニメーション学科 > アニメーターは役者でありカメラマンでもある

アニメーターは役者でありカメラマンでもある

更新日:2020/07/22

2年生の

講義授業「演出技術論」では、アニメーションの画面のレンズ効果について学習しています。

写真の交換レンズのカタログなどを教材に利用し、大きくは広角レンズと望遠レンズの画面効果について学習してきました。

 

アニメーターの大切な

能力について、「役者であれ」とよく言われます。

特に、演出に関わる仕事や真っ白な画面に絵を描く「レイアウト」や「「原画」を担当するアニメーターは、画面の構図やカメラワーク、そして、登場するキャラクターの芝居や動作を創作していかなければなりません。

キャラクターが

どの様に演技を行っていくか、自身でイメージし、描写していかなければならないので、その演技プランをたてキャラクターに命を与えていく能力が必要となるので「役者であれ」と言われるのです。

さらに

「映画カメラマンであれ」とも言われます。

創造した演技プランを、画面に、描いて表現していくためには、フレームの中に的確な構図をイメージして、創造したそのイメージを「絵」にしていかなければならないのです。

画家でもありますが、絵画やイラストと違うのは、アニメーションは「映画」なので画面は動くことが常識です。

パンだとかズーム、トラック・アップやトラック・バックといったカメラワークがそれです。

つまり、写真家の意識や目をもって画面を創作していくよりも、映画カメラマンの目を持って作画していく能力が問われるわけです。

 

実習授業では「描く」描く力をつけてもらうことが大きな手^マですが、「演出技術論」では実際の映像を観て、知ってもらい、気づいてもらい、理解してもらい、作画に活かしてもらうべく学習しました。

広角レンズと望遠レンズですが

通常の、人間の視覚とは大きくちがった画面を表現することが可能です。

アニメーションが映画としてドラマチックに表現できる大きな理由は、その、レンズ効果で画面演出が可能だからなのですが、アニメーターの仕事が「絵を描くこと」だと思っていると、なかなか気づかないで終わってしまう演出技術のひとつです。

アニメーターを

目指す、また、将来演出を目指す2年生たちには、ひとつ上のステージを目指してもらいたいので、なかなか気づかないそのテーマについて学習してもらいました。

 

先回は

広角レンズを主体に画面作図された映画『女王陛下のお気に入り』(ヨルゴス・ランディモス監督 2018年

)

『女王陛下のお気に入り』より ©2018 Twentieth Century Fox

広角レンズ特有の、遠近感の誇張された画面や歪んだ画面は、不自然な画面の連続でした。

特に、カメラが動くととても奇妙な画面が映し出されました。
でも、透視図法を学び始めたばかりの学生って、このような広角画面のロングショットばかりの画面の連続で絵コンテを描いてしまいがちなのです。

作り手に、よっぽどのこだわりと計画が無いと、2時間をもたせるのが大変ですね。

今回は

望遠レンズ効果です。

教材は市川崑監督が総合監修した『東京オリンピック』(1965)

56年前の日本で行われたオリンピックの記録映画です。

本当ならば

ちょうど今、2020年大会が東京で開会式が行われていたのですが、新型コロナの影響で延期となりました。
ちょっと複雑な思いを抱いての鑑賞です。

 

カメラが

好き勝手にフィールドや競技の中に入っていくことが出来ないので、望遠レンズが力を発揮して撮影された映画です。

遠くの被写体を間近に望むという文字のとおり、離れたモノをアップショットで撮影された画面が数多く登場しました。

©toho 映画「東京オリンピック」より

広角レンズとは真反対で、遠近感は無くなり圧縮された画面作図となります。

ドキュメンタリーでは

タブーとされているクローズアップショットが数多く使用されていたり、意図的なモンタージュが使われていたり、スローモーション効果が使われています。

©toho 映画「東京オリンピック」より

市川崑監督が劇映画、エンタテイメントを数多く手掛けて来られた作家なので、純粋なドキュメンタリー、記録映画とはならなかったのでしょうか?

でも、学生たちが

学ぶアニメーションは、記録やドキュメントではありません。なので、ジャンルは記録映画のジャンルなのですが、普段、学習している映画やアニメーションの感覚を大切にして観てもらいました。

大切なことは

偏った画面ばかりでアニメーションを構成するのではなく、様々な画面を組み合わせて構成していくことですね。

『東京オリンピック』は編集も素晴らしい映画でしたが、カメラマンたちが素晴らしい素材(撮影して手に入れた一つ一つの映像)を集めることが出来たので感動的な映画が完成したのでしょう。

アニメーターは、その、素材の提供者といえます。良き「画家」であり「役者」であり「映画カメラマン」でありましょう!

 

Twitterの

「ハッシュタグODCアニメ」では卒業生の活躍情報もご覧いただけます。

————————-
>>アニメーション学科ページはコチラ
>>アニメーション学科体験入学をチェック!

PAGETOP
HOMEに戻る
LINE