大阪デザイナー専門学校|あなたが専門的に学びたいものが見つかる!マンガ/コミックイラスト/アニメ/ゲーム/フィギュア/グラフィックデザイン/イラスト/インテリア/プロダクト/ファッション/特殊メイク

トップページ > お知らせ > アニメーション学科 > 新入生のプレゼンデビューデイ

新入生のプレゼンデビューデイ

更新日:2020/09/01

前期も

残すところあとわずかになりました。

制作に励んできた実習授業の多くは、最終課題を完成させて、その作品についての合評会を行いました。

合評会のスタイルは、自身の制作した作品をみんなの前で公開し、プレゼンテーション(業界では「プレゼン」と言います)を行います。

午前は

実習「デジタルワーク」でした。

プレゼン課題は、オリジナルで企画したアニメーションのDVD商品のパッケージのジャケットデザインとDVDのレーベルデザインです。

ジャケットはプリントアウトして、実際にケースに収納して商品サンプルにして完成しました。

みんなの前で

発表するのには、勇気もいるでしょうし、行きあたりばったりでは聞いてくれているクラスメイトにとどきませんし共感も手に入れることが出来ません。

プレゼンには、勇気と計画と準備が必要なのです。準備には「練習」も大切です。

アニメーション学科のカリキュラムには、このプレゼンの機会が数多く取り入れられています。

就活の面接に向けての準備の意味も含んでいます。

高い就職内定率を手に入れていることは、そういったカリキュラム経験があることが理由のひとつです。

 

デジタルワークの

プレゼン風景です。

           

 

午後は

実習「デッサン」でした。

 

 

登校型授業に

なってから制作した、「面取り」課題の、アグリッパとヴィーナスの小型胸像。陰影の描写も課題になった丸像の同じくアグリッパとヴィーナスです。

 

自分の

作品とだけ向かい合って制作していると、自己完結してしまいがちですが、クラスメイトの作品と並べて発表すると、自分の作品を客観的に向き合うことが出来ますね。

 

 

本日は

午前午後ともプレゼンでした。新入生のプレゼンデビューの日でした。

 

Twitterの

「ハッシュタグODCアニメ」では卒業生の活躍情報もご覧いただけます。

————————-
>>アニメーション学科ページはコチラ
>>アニメーション学科体験入学をチェック!

 

 

PAGETOP
HOMEに戻る
LINE